胆膵班の取り組み

胆・膵腫瘍、胆管炎、総胆管結石、IgG4関連疾患、急性膵炎、慢性膵炎などの胆膵疾患の診断と治療を行っています。
胆膵疾患の診断・治療にはCTやMRIなどの各種画像診断や化学療法を含めた薬物治療の他に、内視鏡を用いた診断と治療が重要な役割を担っており、私たちは、特に内視鏡を用いた診断と治療に積極的に取り組んでいます。
内視鏡的膵胆管逆行性造影(ERCP)関連手技では胆管鏡を用いた診断、胆膵悪性疾患のドレナージ術、総胆管結石治療、良性胆管狭窄の治療、バルーン小腸内視鏡によるERCP関連手技などを行い、超音波内視鏡(EUS)関連手技では超音波内視鏡下穿刺吸引細胞診(EUS-FNA)や造影EUSによる診断、癌性疼痛のEUS下腹腔神経叢ブロック、膵壊死・膵仮性嚢胞の経消化管的ドレナージ術、悪性胆道狭窄に対するEUS下胆道ドレナージ術などを行っています。
このように、胆膵疾患に対し、最先端の診断・治療を多岐にわたって取り組んでいます。

研究面では、ERCP後膵炎を防ぐための新しいデバイスや、新しい内視鏡の開発を産学共同で進めています。
EUSに関しては新しいEUS診断ソフトウェアや膵癌診断マーカー、膵癌治療法、そして分子イメージングの開発を産学共同、基礎医学講座との連携で行っています。
これらの新しい開発は、すべて、臨床の現場に還元されることを目指して取り組んでおり、すでに一部で臨床応用が始まり、日常臨床への貢献がなされています。

患者様へ

患者様からの病状等のご相談は、医局では受け付けておりません。
直接日本大学医学部附属板橋病院へお問い合わせください。

日本大学医学部附属板橋病院

お問い合わせ

TEL : 03-3972-8111(内線2424)

FAX : 03-3956-8496

〒173-8610
東京都板橋区大谷口上町30-1
消化器肝臓内科学分野医局

メールでのお問い合わせ